本文へスキップ
元気NET

動体視力メガネ「ビジョナップ」の評価は?

Genki NET 

トップページ > 動体視力 > ビジョナップ 評価

「ビジョナップ」は、動体視力などの「見るチカラ」を鍛えることができるトレーニングメガネとして、国内外で高い評価を受けています!

>> 動体視力トレーニングメガネ:公式サイト

動体視力目メガネ「ビジョナップ」

このトレーニングメガネを付けて、「1回15分、週に3回、3カ月」、いつものトレーニングをするだけで、動体視力などの見る力を鍛えることができる!

なぜ、こんなメガネが高い評価を受けているかというと、今までにできなかった動体視力などの向上や強化が可能になったからです!

ボールを使うスポーツや速さを競うスポーツの世界で、動体視力は非常に重要です

2018年2月16日の日刊スポーツに、次のニュースが掲載されていました。

楽天に15日、秘密兵器が導入された。その名も「Visionup」(ビジョナップ)。ソフトバンク上林、日本ハム近藤や、オランダのアイスホッケーチームも使用する動体視力を鍛えるためのサングラスだ。野手全員に配布されており、選手は専用のボールを使いキャッチボールをこなす。
レンズ上で映し出される点滅により、視界が遮られ、眼筋を刺激し、眼球の動きがスムーズになるという。オコエは「これを外すと、目がスッキリして良い感じ」と効果を語る。(出典:日刊スポーツ

動体視力などの見る力を鍛える器機が、従来から、アスリートたちに期待されていたにもかかわらず、開発が困難なため、誕生することがなかったという訳で、いま、プロの世界でも、ビジョントレーニングメガネ「ビジョナップ」に注目が集まっています。

世界初の、見るチカラを鍛えることができるビジョントレーニングメガネ
「ビジョナップ」↓↓↓

世界初の動体視力目メガネ「ビジョナップ」

ビジョナップの評判:プロも認めるビジョナップの効果!

動体視力など「見るチカラ」を鍛えることのできる眼鏡が国内外で認知度を高めています。

例えば、2018年8月18日付けの産経新聞朝刊3面でビジョントレーニングとビジョナップの紹介記事が掲載されました。

<サッカーJ1ベガルタ仙台のビジョントレーニング風景↓↓↓>

動体視力目メガネ「ビジョナップ」

写真では小さくて読めないため、記事の内容を以下に紹介させていただきます。

(産経新聞 2018年8月18日朝刊3面の記事内容)

「五輪へ目力アップ」

「動体視力や視野 専用眼鏡で鍛える」
 スポーツの成績アップに向け、体力強化や技術練習だけでなく、目のトレーニングで視覚を鍛える動きが進んでいる。試合の結果に重要な役割を持つのが、動体視力や視野の広さといった「見る力」。2020年に向けても、アスリートの目に対する意識は高まっていきそうだ。
 7月、スポーツ・健康産業の展示会が東京都内で開催され、視覚機能を伸ばす「ビジョントレーニング」のブースが、訓練用の眼鏡を製造する「ビジョナップ」(本社・京都市)を中心にして初めて設けられた。
 専門の眼鏡は、液晶が点滅する仕組み。点滅の速度を調整することで負荷を大きくすることもできる。同社の田村哲也社長は「視覚が遮られると、人間は物体をさらに凝視しようとするので眼筋が鍛えられる」と話す。眼鏡をかけた状態でお手玉やボールのパス練習を行った結果、動体視力の測定値がアップすることが確認された。
 ビジョントレーニングの必要性は欧米では約40年前から提唱され、国家資格を持つ専門家もいるほど。日本ではまだまだ認識が低いが、視覚情報はプレーの瞬時の判断にも直結する。
 同社の眼鏡はプロ野球選手やサッカーのゴールキーパーらに利用者が多かったが、最近はテコンドーやアイスホッケーなど東京五輪でメダルを目指す各競技団体の日本代表チームからの問い合わせも増えた。サッカーのワールドカップ(W杯)で主審を務めた経験がある西村雄一審判もこの眼鏡を使ってトレーニングしているという。
 「球技や格闘技など、あらゆるスポーツで動体視力は重要。東京五輪に向けても認識が広がっていけばうれしい」と田村社長。今後、眼力が選手の成績に及ぼす研究が進めば、こうした動きはさらに加速していきそうだ。

「ビジョナップ」の仕組み

新しく開発された「ビジョナップ」はビジョントレーニングメガネと呼ばれる特殊レンズ(LCD:liquid crystal display:液晶ディスプレー)を介して規則的に発光させる(点滅間隔は、50Hz~150Hzの間で調節可能)によって、メガネを付けた視界に「可視状態と見えにくい不可視状態」を作ることで脳を活性化し、眼筋を鍛えるものです。 ⇒詳細は、公式サイトでご確認ください。

「ビジョナップ」の使用方法

ビジョナップを装着したs

使用方法は、上記のビジョントレーニングメガネ「ビジョナップ」を「1回15分、週に3回、3カ月」だけ、普通のメガネのように顔面に装着して、いつもの競技や運動でトレーニングをするだけです。

ビジョナップを装着して、動くモノを目で追うことで、「見るチカラ」を鍛えることができます。

  • ● 自宅で一人でジャグリングや壁キャッチボール!
  • ● アスリートなら普段のウォーミングアップでかけるだけ!
  • ● 高齢者なら付属のゴムボールなどで簡単なボール遊び!

「ビジョナップ」の効果

このように使用した結果、動体視力や周辺視、深視力などのスポーツビジョンを鍛えることができ、運動神経、反射神経、パフォーマンスを向上することができます。

ただし、メガネといっても、レンズ部を特殊レンズ(LCD:液晶ディスプレー)で構成したり、フレーム内に50Hz~150Hzの間で点滅を調節にする電子機器を内蔵しているもので、メガネというより、ビジョントレーニングメガネというレーニング器機の部類に入るものです。

さらに、「ビジョナップ」の効果と口コミや評価は?

多くのプロ選手も使用中です。それには、このような動画を見れば分かります。

北海道日本ハムファイターズ 近藤健介選手 のインタビュー内容です↓↓↓

  • ・ビジョントレーニングメガネ「ビジョナップ」はレンズの点滅によって見えづらくし、脳を活性化します。
  • ・同時に、眼筋を刺激して鍛えるので、眼球の動きが改善されて、年齢やレベルにかかわらず動体視力など見るチカラをアップさせてくれるものです。
  • ・「ビジョナップ」には、このようなメリットがあるため、集中力や判断力が増し、スポーツのパフォーマンスがアップします。
  • ・「ビジョナップ」を発達期に使うと、20歳前後の見るチカラのピークを押し上げてくれます。
  • ・また、中高年の方が使うと、動体視力などの衰えを回復して健康増進をはかることができます。
  • ・ビジョナップはサッカーや野球などのスポーツを始め、あらゆるアスリートがトレーニングに取り入れているのです。実際に、パフォーマンスが向上しています。
  • 例えば、フィールドホッケーで専門家が本格的なテストを行った結果、視覚機能向上率が平均9.92%UP、パフォーマンス向上率が平均9.57%UPしています。

「ビジョナップ」の口コミ

・サッカー 大阪府 12歳 男子

動体視力が上がって最初はボールがくっきりと見えるようになって、リフティングやトラップが楽になりました。
今では周辺視も上がって全体が良く見えるようになって、敵や味方の選手の位置がパッと分かるような感じです。遅かった出だしが、速くなった気がします。

・目の老化防止 京都府 67歳 女性

年齢のせいか自転車に乗ったり自動車を運転するのがちょっと怖いと感じていました。 知人などに相談すると、「動体視力の衰えでは?」と指摘されVisionupを使ってみることに。
周りの動きが良く見えるようになって、もう車の運転も大丈夫です。

・野球 東京都 25歳 男性

飛んでくる球に素早く焦点を合わせることができるようになったと感じています。打撃、守備ともにリズム感を持って対応できる感じです。 指導者をめざしていますが、Visionupで動体視力など”見るチカラ”(スポーツビジョン)を鍛えてから実戦的な練習をすると大きな効果を期待できるので、練習に取り入れたいと思います。

最安値価格はは、どこで購入できますか?

ビジョナップは、公式サイトの通販で購入することができます。

楽天やAmazonなどでも販売されていますが、特に安くなっているわけではなく、同額ですので、公式サイトで購入することをおすすめします。

また、公式サイトで購入すれば、返品もスムーズに行うことができます。

というのは、「発送後30日間の返品OK、100%返金保証サービス」を実施しているため、返品を希望する際は、「必ず事前にご連絡をお願いします」となっています。

また、故障の際の修理も可能ですから、メーカー製品保証による1年間の無償修理だけでなく、保障期間終了後の有償修理にも対応してもらうには、公式サイトからの購入の方が、手続きをスムーズに行うことができ、おすすめです。

販売価格はレディース・ジュニア用が税込42,120円、アスリート用が税込45,360円となっていて、どこの販売店でもこの価格での販売となっています。

公式サイトでは、フレームのカラーも色々と選ぶことができます。また、無料の小冊子や特別付録の購入などもできますので、公式サイトの方が何かとお得です。

他にも、公式サイトには、野球やテニス、フィールドホッケーなどのアスリートの写真入りで「ビジョナップ」のことが詳しく書かれています。

動体視力を鍛えたい方は、非常に参考になると思います↓↓↓

公式サイト >> 動体視力トレーニングメガネ「ビジョナップ」

小学・中学・高校生の動体視力を強化するのにも、最適です!

ビジョナップ 小学生、中学生、高校生の動体視力強化


【関連記事】

Visionup(ビジョナップ)に関する最近の情報

 動体視力などの「見るチカラ」を鍛えることのできる眼鏡が、国内外で認知度を高めています。
株式会社アプリシエイト(京都市、田村哲也、代表取締役)が製造販売する「Visionup」です。
国内、海外のプロスポーツで利用されているほか、一般の幅広い年代の人たちにも愛用されています。年内には高齢者むけ新製品を市場投入する予定で、大学と共同研究も進めています。
 Visionupは、レンズ部分の液晶パネルの点滅で視野を断続的に遮断し、脳を活性化するとともに視覚的に負荷をかけ眼筋を鍛える眼鏡です。1秒間に1回から最高200回の速さで点滅し、トレーニングに合わせて調整できます。Visionup本体の重さは30グラムでスポーツグラスとほぼ同じです。
 国内では、ネット通販のアマゾンや自社ネットショップを通じて販売。また、全国30の販売店に卸しています。
海外にも自社ネットショップや25の販売店を通じて販売しており、北米、欧州、豪州などへの販売実績があります。
日本では、プロ野球の数チームをはじめ、サッカー、テニス、卓球など0.1秒の判断が求められるスポーツ界において、Visionupの認知度が高まっています。今年5月には8歳から使えるジュニアモデルを投入。こちらはスポーツ教育に熱心な保護者からの注文が増えています。