本文へスキップ

ずっと健康を!

元気NET. com

トップページ > ファンケル「えんきん」

目のピント調節サプリ を続ける方法。飲み方は?

ファンケルの目のサプリえんきんの飲み方,いつ飲むのか?

こんな目の症状でお悩みの方はいませんか?

  • 「スマホのやりすぎで目が疲れぎみ」
  • 「一日中パソコンの仕事で目の奥がジンジンする」
  • 「歳のせいか近くのものが見えづらい」

など、仕事や年齢のせいで、物を見る目の力がどんどん衰えているような感じがしませんか?

そんな目の症状に、とても嬉しいサプリが、ファンケルから発売されています。

そのサプリの名称は、ひらがなで「えんきん」

漢字で書くと、「遠近」ですが、そのまんまひらがなで「えんきん」となっています。

ですので、サプリの名称を見ただけ、目の遠近機能の改善に有益なサプリだということが分かりますね。

このようなサプリも続けなければ意味はありません。

長い年月の酷使によって次第に衰えてきた目のピント調節機能ですから、短期間ですぐに回復する、というわけにはいきません。

そんな目のピント調節機能を改善するために要求されるサプリの特徴としては、

  • 1)ピント調整力の回復が期待できる信頼性
  • 2)サプリが安価で手に入れやすいこと
  • 3)飲みやすいから毎日続けられること

この三つの条件は絶対に必要だと思います。

ファンケルは、日本初の目の機能性表示食品です!

機能性表示食品とはなに?

これまで、食品の機能性について表示が認められていたのは、国が個別に許可した「特定保健用食品(トクホ)」と、国の規格基準に適合した「栄養機能食品」だけでした。
ですので、それ以外の食品については、その機能について表示することができなかったのですが、これまでの表示制度では、特に健康食品やサプリメントにおいて、機能性を謳うことはできず「あいまいな表現でわかりにくい」や「何にいいのか表記されていない」といった不満課題がありました。

そのため、特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品とは異なる、新しい食品の表示制度「機能性表示食品」制度が考えられ、2015年(平成27年)4月1日に施行されたというわけです。

この機能性表示食品を簡単に言うと、企業や生産者の責任で、「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」、科学的根拠に基づいた機能性を表示できるという制度です。そして、このような機能性表示制度を利用して、消費者庁の求める様式に従って届出され、消費者庁が認めたものだけが機能性表示食品のマークを付けることができるというものです。

とはいうものの、どんなサプリに関しても言えることですが、サプリは自分の症状にあっているかどうかは、実際に試してみなければわかりません。

その意味で「えんきん」は、お試しするのに便利なサプリとなっています。

ファンケルのピント調節サプリ「えんきん」を安く購入する方法は?

ファンケルのピント調節サプリ「えんきん」はどこで買うのが、一番安いのか調べてました。

すると、スギ薬局やマツモトキヨシなどのドラッグストアやスーパーマーケットなどで販売されています。

しかし、このような店頭での販売は、ファンケルの公式と同じ定価での販売になっています。

そこで、さらに通販サイトを調べてみました。

ファンケル「えんきん」を通販サイトで購入すると、どこが安いの?

公式販売サイト amazon 楽天
通常価格 2,160円 1,730円 1,950円
お試し価格 1,000円 無し 無し

上記の表から、初めて購入する場合は、「お試し価格」が適用される公式通販サイトで入するのが一番安いことがわかりました。

通販で初めて購入する場合、1,000円で2週間分。さらに、無料で2週間分がついてきます。つまり・・・2週間分が2袋で合計4週間分付いてくるというわけです。これは、通販限定で、お一人様1個1回限りのサービスです。

このようなサービスは初回の購入者だけに与えられたチャンスですから、積極的に利用してみましょう!

また、公式通販サイトであれば、返品・交換が無期限で保証になっています。

返送料もファンケルが負担してくれることになっており、返品のみや交換を受付けています。

返品は開封後でも大丈夫ですの、試しに飲んでみた結果、返品を受けていた場合でも返品は可能です。

「えんきん」の効果的な飲み方

「えんきん」をいつ飲めば一番効果的なのでおにでしょうか?

ファンケルの「えんきん」を購入した時についてくる冊子によれば、 飲む時間に決まりはなく、毎日同じ時間で、できれば食後に飲むのが良いと推奨されています。

このように、毎日同じ時間が良い理由としては、「えんきん」に含まれている成分「アントシアニン」の一種「シアニジン‐3‐グルコシド」の効果継続時間が、24時間持続するといわれているからです。

ですので、不定期な時間に飲んでしまうと効果が切れたり、時間が重複してしまい無駄になってしまうので、注意しましょう。

そして、食後に摂取するのがいい理由としては、食後だと胃の活動が活発的になり消化がスムーズになるからです。

以上の点から、えんきんを飲むのは食後で毎日同じ時間が一番が良いとなっています(ファンケルの推奨です)。

個人的には朝食後が一番おすすめですね。目を酷使し始める前の朝に飲んでおいたほうが、音を疲労させる予防効果があるように感じたからです。

ファンケルの目のサプリ「えんきん」の飲み方

目のピント調節用サプリ「えんきん」の1日の目安摂取量は2粒となっています。

ですのでたくさん飲むと早く効果が出るというわけではありませんので、用法容量を守って摂取するようにしましょう。

えんきんを飲むときは水と一緒に飲みましょう。

一粒ずつ分けて飲むよりも一気に2粒飲んでしまう方がいいと思います。

注意として、 コーヒー・お茶・アルコールなどと一緒に飲むのはやめましょう。

その理由は、「えんきん」の栄養素の吸収を阻害する恐れがあるからです。

まとめ

ファンケルの目のサプリえんきんの一番効果的な飲み方をまとめると、

  • 1)毎日同じ時間、できれば食後がいい
  • 2)えんきんを飲むときは水と一緒に飲む
  • 3)1回に飲む量は2粒

以上の3点です。

これらのを守って毎日摂取すれば、ファンケルのピント調節サプリ「えんきん」を一番効率よく摂取できると思います。

>>【ファンケル】通販限定!4週間分でお試し1,000円!

通販限定で、4週間分でお試し¥1.000 (税込 ) しかも送料無料です。


 

ビジョナップ

動体視力を強化する
トレーニングメガネ
ビジョナップ

野球やテニスなどのアスリートたちに注目されているトレーニングメガネ

>> ビジョナップの詳細